透輝の滴 成分

透輝の滴の全成分を成分解析してみた

透輝の滴(とうきのしずく)は無添加処方ですが、何が無添加なのか気になりますよね。

 

そこで、透輝の滴の全成分を解析サイトで分析してみました!

 

 

刺激に弱い敏感肌の私は、特に気になります。


 

透輝の滴(とうきのしずく)全成分と界面活性剤

 

 

まずは、全成分を解析して調べてみました。

水( 海水)、 BG(イモ、 サトウキビ)、 グリセリン( ヤシ)、 ペンチレングリコール( トウモロコシ)、ヒトオリゴペプチド-1( アミノ酸)、ヒトオリゴペプチド-2( アミノ酸)、ヒトオリゴペプチド-13( アミノ酸)、オリゴペプチド-24( アミノ酸)、オリゴペプチド-20( アミノ酸)、アセチルデカペプチド-3( アミノ酸)、カプロオイルテトラペプチド-3( アミノ酸)、オリゴペプチド-34( アミノ酸)、ライムギ胎座培養エキス液(ライ麦)、ヒアルロン酸Na(糖)、アセチルヘキサペプチド-8( アミノ酸)、ペンタペプチド-3( アミノ酸)、 加水分解エラスチン(魚)、水溶性コラーゲン(魚)、 フラーレン( 炭素)、コンドロイチン硫酸Na(魚)、セリン( アミノ酸)、β-グルカン(オーツ麦)、 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル( トウモロコシ)、 パルミチン酸レチノール( ヤシ)、 パンテノール( コメ)、水添レチシン( ダイズ)、 ソルビトール(糖)、キサンタンガム(糖)、 ダイズ油( ダイズ)、 カプリリルグリコール( ヤシ)、 ポリソルベート80( ヤシ)、リン酸Na(塩)、 レシチン( ダイズ)、 ピーナッツ油( ピーナッツ)、 スクワラン(オリーブ)、 トコフェロール( ダイズ)、 乳酸桿菌/ ワサビ根 発酵エキス( ワサビ)、レウコノストック/ ダイコン根 発酵エキス( ダイコン)、 海塩( 海水)

 

 

透輝の滴のなかには、非イオン性界面活性剤がひとつだけ配合されていました。


 

ポリソルベート80は、非イオン性界面活性剤・乳化剤と記載されていました。

 

“登録なし”という結果が出た成分もあったので、他にも界面活性剤が使われているかもしれません。

 

しかし、すべての成分に由来原料の記載があるのは、消費者にとって嬉しい配慮ですよね♪

 

透輝の滴(とうきのしずく)無添加処方

 

 

透輝の滴は石油系合成界面活性剤・防腐剤(パラベン)・合成着色料・合成香料・鉱物油が無添加!

 

解析サイトで出た非イオン性界面活性剤のポリソルベート80も、成分のところにヤシと書かれているので、石油系ではありません。

 

無力透明で香りのまったくない美容液なので、敏感肌の私でも安心して使えました。